育達科技大學 應用日語系

瀏覽人次: 2384

学科紹介

育達科技大學応用日本語学科は、苗栗(台湾北中部)地区唯一の日本語学科として、2000年に設立されました。
 
育達科技大學応用日本語学科が目指すのは、《社会や世界のいかなる変化にも適応できる、自己教育能力を持った日本語のプロフェッショナルの育成》です。
育達科技大學応用日本語学科は、社会のニーズにマッチした語学教育を行なうだけでなく、育達科技大學の発展を通じて、日台間の文化・経済・科学技術の交流に貢献したいと考えています。育達商業科技大學応用日本語学科は、日本語の基本的な運用能力だけでなく、実践的な専門知識・専門スキルを身につけるための教育を目指します。
育達科技大學応用日本語学科が育成するのは、『日本語の多元的な応用能力を持つ人材』『日本との貿易実務で専門的な能力を持つ人材』『社会の動向や世界の趨勢を理解し、高い職場適応力を持つ人材』『多彩な資格を持ち、卒業後にビジネス界の即戦力となりうる人材』です。学生が多様な専門知識・専門スキルを身につけること、そして、卒業後に社会の中で専門性を生かすことのできる総合的な力を持つようになることこそが、わたしたちの希望なのです。