育達科技大學 應用日語系

瀏覽人次: 2835

日本語

育達科技大學応用日本語学科では、学生と教師が一丸となって困難な課題の数々に取り組み、日々、飛躍的な向上を遂げています。

応用日本語学科

1990年代以降、台湾では、高等教育機関において応用日本語学科という新しい試みが始まりました。これは、言語の応用面あるいは実用性が社会に重要視されるようになったことに対応するもので、従来の日本語文学科や日語日文系にかわるものです。

一口に応用日本語学科といっても、設立趣旨の相違などによって、それぞれの目指すところは必ずしも一様でありませんが、育達科技大學応用日本語学科では、言語の教授のみならず、特にビジネス方面への応用に力を入れています。これは、育達科技大學が掲げる『社会に飛び出せ!即戦力!!』のスローガンにも適うものです。